ドクター

クリニックで効果的に治療する|たるみ治療のオススメ情報

炭酸ガスレーザーでの施術

医者

術後のダウンタイム期間

ほくろ除去を行っている美容クリニックでは、多くの場合炭酸ガスレーザーによる施術に対応しています。炭酸ガスレーザーは、大きめの盛り上がったほくろから、小さなほくろまで幅広く対応可能な施術法です。ただ、ひとつ注意したいのが、施術後の患部が治まるまでのダウンタイムの期間です。炭酸ガスレーザーによるほくろ除去では、術後の患部は浅く穴が開いたような状態になります。数日程でかさぶたが現れ、1ヶ月ほどたつころには徐々に患部の皮膚が盛り上がってきます。そして、赤みも消え、施術部位がほとんど目立たなくなるまでには3ヶ月から6ヶ月程必要とします。しかし、術後1週間がたつころには、患部に直接メイクを施すことも可能になるため、メイクでカバーすることができます。時間とともに少しずつ再生してくるので、焦らずにじっくりと待つことが大切です。

保証制度を利用する

炭酸ガスレーザーでのほくろ除去は、有名美容クリニックにおいても、定番の治療法として取り入れられています。ただ、大きな穴をあけてしまうと、痕がクレーター状に残ってしまう可能性があるため、処置の深さは慎重にならざるを得ません。そのため、稀にほくろ組織が残ることもあり、残った組織が後になってほくろとして出現することがあります。処置の痕をきれいに治すことと、ほくろの再発を防ぐことを100%両立させることは難しく、絶対に再発しないとは言い切れません。そこで、クリニックによっては、炭酸ガスレーザーでのほくろ除去に対して、保証制度を設けている施設もあります。その場合保証期限内であれば、再発箇所の治療は、無料で行ってもらうことができます。保証期限はクリニックによって異なり、それぞれ2年から5年程度に設定されています。炭酸ガスレーザーのほくろ除去を行う場合は、保証制度を設けているクリニックを選ぶとお得です。