ドクター

クリニックで効果的に治療する|たるみ治療のオススメ情報

脂肪の定着率がアップ

胸

余分な組織を取り除く

自分の脂肪でバストアップできる、脂肪注入法は人気の豊胸手術です。ですが、術式によってはバストに注入した脂肪の定着率は、わずか30%から40%と言われています。この定着率ではせっかく施術を受けても、すぐにバストのサイズは小さくなってしまうでしょう。通常の脂肪注入法では定着率が心配ですが、同じ脂肪注入法でもコンデンスリッチ豊胸であれば、施術後約80%は脂肪が定着する為、効率的にバストアップできおすすめです。コンデンスリッチ豊胸は吸引した脂肪から、麻酔液や老化細胞など余分な組織を、しっかり取り除いた脂肪をバストに注入する、豊胸手術となっています。バストがしぼみにくく、しかも痩せ形の方でも受けられるという事もあり、コンデンスリッチ豊胸は、話題となっている豊胸手術です。

石灰化も少ない

脂肪注入法はシリコンではなく、自分の脂肪をバストに注入しバストアップします。自分の脂肪なので、触り心地や見た目はとても自然です。ただ、通常の脂肪注入の場合、施術後に石灰化といってしこりが出来る、減少が起こりやすい為、この点は注意しましょう。石灰化は注入する脂肪に、他の組織などが入り込んでいると起こりやすくなります。石灰化のリスクを少しでも下げたいのであれば、同じ脂肪注入法でもコンデンスリッチ豊胸がおすすめです。コンデンスリッチ豊胸は脂肪を吸引する際、死んでしまった細胞などを取り除く施術を行います。純粋な脂肪のみをバストに注入する為、石灰化が起こり難いのです。また、石灰化だけでなく、脂肪壊死も起こり難い為、安全性の高い脂肪注入法と言えるでしょう。